コラム

過熱する闇営業問題について

最近、世間を騒がす闇営業問題だが私にはどうも理解が出来ない。

いったい何がそんなに問題なのか。

特に吉本興業においては昔から闇営業は常習化しており、芸人たちがそのことをイジって笑いしていた始末である。

そんな闇営業がある日突然「笑えないネタ」へと変貌した。

その原因はこれである。

お笑い芸人のカラテカ入江が吉本興業に所属する芸人を会社を通さず仲介。

いわゆる「闇営業」を斡旋したとして所属先の吉本興業を解雇された。

当然、芸人と客との間に入って仲介料を取っている吉本にしてみれば許せない話であろう。

しかも今回はメンツがメンツである。吉本の看板芸人とも言えるべき人物も含まれており、仲介した相手が反社会勢力とあっては会社としては、けじめをつけずにはいられなかったかもしれない。

しかしそれは飽くまで入江と吉本との問題である。

現に吉本興業会長の大崎は一部、芸人たちの闇営業を一部認めるような発言をしており、それが闇営業なのかどうなのか、民法上認められる行為なのかどうかは彼らの契約内容によって決まってくる。

news.yahoo.co.jp

契約内容をよく知らない我々に口を出す資格はそもそもにないのだ。

そして一番腑に落ちないのが問題の摺り変わりが起こっていることである。

この問題の争点は入江が他の芸人に闇営業を斡旋したこと。そしてその斡旋先が反社会勢力であったということである。

つまり問題になるべきは入江が何ら関係のない芸人を巻き込んでしまったことと入江が常日頃から反社会勢力と付き合いがなかったのかどうなのか、本当に反社会勢力と知らずに斡旋していたかどうかである。

バレれば所属事務所と問題になるであろう現場に先輩後輩を誘った。それは素直に彼が反省せねばならないことだと思う。

そして最も大事なのは、入江が主張している通り反社会勢力とは知らずに斡旋したかどうかである。

ここが非常に重要なポイントだ。

もし、反社会勢力と知りながら斡旋したのであればこれは大きな問題であろう。会社からの契約解除に加え、社会的制裁を受けるのも致し方ないと感じる。

しかし、反社会勢力と知らずに斡旋したのであればそれは仕方のないことである。

もしこれが政府の有識者会議で有識者の中に反社会勢力の人間が混じっていた。などという話であれば「事前にチェックできなかったのか」と口をはさみたくもなる。しかし彼は一芸人である。特別な思想もなければ正義感に燃える男でもない。お金を得るために芸を売っている人間がいちいち「彼らは反社会勢力の人間ではなかろうか」などと疑うはずもないし、疑えと言うのも無理がある。

www.news-postseven.com

もし彼が反社会勢力だと見抜けなかったことに非があると言うのであれば彼女たちタピオカ女子は全員雇用解雇である。

このように入江の「繋がり」について追及の目が行くのはわかる。これからの芸能界のことも考え、全貌を解明することには大きな意義がある。

ところが最近の報道はどうだろう。入江の「い」の字すら見かけない。矛先は雨上がり決死隊の宮迫一点である。

宮迫が起こした問題、それは後輩を指導する立場にありながら入江の闇営業に協力したこと。ギャラを貰っていないとしょうもない嘘をついたこと。これだけである。

先にも述べたが闇営業は当人たちと会社間の問題であって我々が口をはさむべき問題にない。そうなると彼がついたしょうもない嘘だけが彼の落ち度ということになるのだがこれに対するバッシングが実にひどい。

入江が闇社会との繋がりがあって日常的にこのような仕事の斡旋をしていたのかどうかという問題は宮迫が不誠実であるという実にくだない内容に飲まれてしまった。

こんな馬鹿馬鹿しいことがあるのかと呆れてしまう。

メディアを含めオーディエンスは芸人の黒い繋がりよりも宮迫が誠実か不誠実かに夢中なのだ。

宮迫へのもはや当てつけともいえるようなバッシングを目の当たりにし、私は思った。

結局オーディエンスは芸能界の闇や黒い繋がりなどはどうでも良いのである。

ただ彼らのようなおちゃらけた、ふざけたことをやって地位や名声を得ているのが気に食わないのである、羨ましいのである。

そのため、何か噛み付けるポイントを見つければすぐさま噛みつき吠え散らかす。

そこにマスメディアが需要にこたえる形で報道を過熱させ、追い込まれていく当事者を「ざまあみろ」と蔑んでいるのだ。

今回の騒動、入江の闇営業という芸能界における小さな火は大火事を見たいやじ馬と、それに協力するマスメディアによってガソリンがまかれ炎上した。

人々の妬みと嫉妬によってもたらされたこの「ショー」は事の本質すらも燃えつくしてしまった。

このような放火ショーが度々起き、そのたびに思わされる。

民主主義の最後の敵は民衆なのだと。

にほんブログ村 芸能ブログへ
↑↑↑クリックして応援してください