投資

短・中・長期投資の月次報告【2020年2月の投資結果】

1月の絶好調が嘘のように2月は激動の月であった。

いや、投資をやっていない人にとっても激動の月だったと思うが…。

今回に限らず昨今の市場は毎年一回はなんちゃらショックが到来するのでこのような展開にも慣れていかねばならない。

上昇相場で勝つのは当たり前。

下落相場でいかに勝つか、負けを抑えるかが成功の鍵である。

短期投資

1月末の評価額1月末の評価額
2月末の評価額2月末の評価額

1月末時点での評価額と比べると5万円ほど目減りしている。

理由は言わずもがな新型コロナウィルスの影響による暴落である。

大暴落時のポジション大暴落時のポジション

このような暴落に備え、ある程度は空売りのポジションを持つようにしているのだが、この日はたまたま空売りのポジションを保持していなかった。

この日に空売りのポジションを2つほど持つ予定だったのだが値下がりの勢いが強すぎてポジションは持てず、買いポジションのロスカットだけが約定した。

せめて一つでも空売りのポジションを持っていればこの損失はかなり軽減できただけに悔やまれる。

せめて暴落があと1日遅れていれば……

現在のポジション

現在のポジションはスペースバリューHDの空売り、1銘柄のみ。

買いの注文はこの市場状況でまったく約定せず、空売りの注文も勢いが強すぎてエントリーできない。

当分はこのポジションを伸ばして損失の回収に努めるが短期投資は攻めの投資である。

少額でも買いの注文を懲りずに入れていく。

中期投資

中期投資ポートフォリオ2月末

昨年12月より始めた中期投資は絶賛含み損中である。

当然コロナウィルスのせいなのだが中期投資は最短で決済が6月末なのでそれまでには終息してくれていれば利益になる可能性がある。

しかし、これは信用取引。資金の3倍のお金を動かしているのでファンダメンタルが崩れたらロスカットも検討していく。

2月の買い(1448 スペースバリューHD)

2月21日時点での株価 1448 スペースバリューHD2月21日時点での株価 1448 スペースバリューHD

中期投資では毎月1回銘柄を購入しているが2月の買いは短期投資でも保有しているスペースバリューHD。

購入した2月21日時点ではスプラッシュが落ち着き、底値圏での推移だったのでかなり割安感があった。

が、

1448 スペースバリューHD 現在の株価1448 スペースバリューHD 現在の株価

コロナウィルスに関連する暴落で底値はあっさりブレイク。

結果的にはかなり割高で買う羽目になった。

飽くまで3月の四季報を見てからだが、仮にファンダメンタルが崩れていなければ買い増しを入れていく。

増益が続く企業を上場来安値で買えるチャンスはそうそうない。

長期投資

長期投資は一番含み損が多く、一番心配していない分野だ。

まずはポートフォリオを見て見よう。

長期投資ポートフォリオ1特定口座
長期投資ポートフォリオ2NISA口座

長期投資はNISA口座と特定口座に分かれている。

NISA枠は毎年120万円までなのでその枠を使い切ると特定口座で購入している。

二つの口座の含み損を合わせると24万5000円。

昔の私であればあたふたしていたが今は違う。

長期投資の真の目線は10年後。資金効率を考え、去年は早めの利益確定をしてきたがその気になれば10年レベルでの塩漬けも可能だ。

そして今のコロナウィルスが原因で10年後の株価が今より下がっているという事態は考えにくいので一番の含み損だが一番安心しているのだ。

それどころかこのような時は割安で優良銘柄を買い付ける絶好のチャンスなので物色に精が出る。

2月の買い(1925 大和ハウス工業)

1925 大和ハウス 03011925 大和ハウス 日足チャート

2月の買いは大和ハウス工業を買い増しした。

暴落前までは優良銘柄で割安な銘柄を探すのが困難な状況で、この大和ハウス工業は業績の割に唯一安値圏で推移している銘柄と言うことで去年から淡々と買い増しを続けていた。

ご覧の通りコロナウィルスで更に割安になったが市場全体が値下がりしているので3月はかなり割安になっている銘柄が他にもかなりあるだろうと推測される。

その中で最も割安で最も業績の良い銘柄を見つけ出し買っていきたい。

2月の総括

短期投資はその月での勝負なので空売りを入れない場合、暴落した月は必敗すると言っていい。

しかしながら1年間値下がりし続けるということはありえないので月の勝負とはいっても年単位で増えたか減ったかを見るのが大切である。

空売りを織り交ぜて入れてさらに損失は低減できたが、早期の段階でロスカットできたので2月の損失は想定より小さく抑えることが出来た。

2月は2月で割り切り、3月からは反省もしつつ平常運転で淡々と利益を積み上げたい。

一方長期投資は上がろうが下がろうが優良銘柄を淡々と買い増ししていくだけである。

いつになるかは分からないがいつか必ずコロナウィルスは終息するのでこの混乱期に割安で優良銘柄を買い続けていれば必ず値上がりするという確信がある。

短期投資での大損失はかなりのショックだったが長期投資の好機を考えて心を癒していた。

やはり投資はバランスが大切だ。


にほんブログ村 投資ブログへ
↑↑↑クリックして応援してください