投資

中長期投資の運用報告8月Ver

私は株式投資を行っている。

 

その運用実績を経済ブログのほうで公開していたのだが、その運用報告をこちらのブログに移そうと思う。

 

そんなわけで今回は私の投資における資産状況と投資スタンスの説明をしておきたいと思う。

現在の保持銘柄と状況

f:id:rozsa0302:20190911004207p:plain

使用している証券会社はカブドットコム証券

毎月5~10万円を入金し、自身の判断で売買、保持をしている。

去年の11月に本格的に中長期投資をスタートさせ、その時20万程度の評価額は100万円を超えた。

現在の含み益は10万円程度なので残りの70万円は定期入金である。1ヶ月平均、7.7万円を積み立ててきた計算になる。

www.keizai-arekore.com

当時に立てた目標は5年で1000万円。

現在の投資資産は現金合わせておよそ140万円。後4年で860万円だ。

毎月7万円前後を入金していくので損失がないと仮定すると5年で420万円が溜まるので残りの580万円は運用益で増やさなければならない。

こう考えると少しハードルが高かったかもしれない。

 

とりあえず1年まで後2ヶ月あるが、配当金と含み益を合わせると資産を12万円程度増やせた計算になる。

大雑把ではあるが入金額84万円+従来資産20万で104万円から12万円を稼いだ。

つまり年利11.53%で稼げた計算になる。

こう考えるとまずまずの成績だ。

おそらく投資信託などでは年利11%の商品などまず存在しないだろう。

投資スタンス

私の投資スタンスは配当金重視で運営している。

手持ちの資金が少ないので完全な配当重視で行くとまとまった資産になるのはいつかのことなのでキャピタルゲインも狙っている。

そのため、高配当でありながら割安、かつ5年連続増益で今後も増益が見込める企業に投資して十分な値上がりがあれば売却して利ざやを狙う。

 

そんな馬鹿げた銘柄があるのかと書いている私自身思うがこれが結構あるのである。

特に今の日本はアベノミクス、異次元金融緩和の効果が頭打ちで米中貿易戦争やイギリスのEU離脱問題などでいつ世界がリスクオフの円買いに動いてもおかしくない微妙な状況にある。

基本的に円が買われると日本株は下がる傾向にある。

そのため世界の投資家達は「日本株はいつ下がるのか」という目線で見ており、日経平均は頭打ちだ。

f:id:rozsa0302:20190911011423p:plain

世界の状況次第ではあっという間に2万円を割るだろう。

そんな短期投資家が買いに向かいづらい状況の中、最高益を更新し続ける企業が年初来安値を更新し続けるという不思議な事態になっている銘柄が相当数存在するのだ。

そんな実際の業績とかけ離れて割安で放置されている銘柄の中から、最も資金効率が良く、高配当な銘柄を選んで投資している。

8月の売買

中長期投資であるので頻繁な売買はしない。

ただし毎月の入金に合わせ、割安な株を買ったり買い増したりしているのだが8月は市場全体で値上がりが目立ったこと、9月に四季報が発売されることから8月の買いは見送った。

9月に発売される四季報をもとに各銘柄を再評価し、投資する企業を決める。

3ヶ月に一度の恒例行事である。

 

新たに株を取得したり、保持銘柄を売却するなどの動きがあればこれからは当ブログで報告・考察をしていく。

 


  にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ
↑↑↑クリックして応援してください