Photoshop

選択範囲を使って画像の一部分を加工する方法【マグネット選択ツールの使い方】

photoshopには明暗調整機能や色相調整機能など便利な機能が沢山あるが、画像全体を加工してしまうので使い道がかなり限定されてしまう。

ビー玉

例えばこちらの画像。

ビー玉の色を変えたいと時に色相調整を行うと変えることが出来るが…

ビー玉以外の色も変わってしまった

そのまま色相調整を行うとビー玉の色以外にも背景の色も一緒に変わってしまうので使い方が難しい。

そこでビー玉を楕円選択ツールを使って範囲選択し、ビー玉だけの色を変える方法を前回解説した。

ビー玉色相変化

選択範囲を使ってビー玉だけを画像から独立させ、色相レイヤーをあてはめることでこのようにビー玉だけの色を変えることが出来る。

ただ、この時紹介した楕円形選択ツールでは加工したい対象が規則的な円形でなければうまく選択することが出来ない。

したがって今回はより複雑な範囲選択ができるマグネット選択ツールの使い方を紹介する。

ハートマーク

マグネット選択ツールを使えばこのような円でも四角でもない形のものでも…

ハートマークの色相調整

このように範囲指定してその部分だけに加工を加えることが出来る。

では早速マグネット選択ツールの使い方を紹介しよう。

拡大鏡で編集対象を拡大する

まずは作業に入る前に作業がしやすいように、拡大鏡ツールを使って編集対象を拡大する。

当然だが小さいものに手を加えるよりも大きい物に手を加える方が細部まで編集出来てやりやすい。

加工対象を拡大

拡大したい対象に虫眼鏡を合わせ、ドラッグすると拡大したり縮小したりすることが出来る。

画面いっぱいに拡大し、作業しやすい環境を整えよう。

マグネット選択ツール

作業しやすい環境が整ったら右のツールバーからマグネット選択ツールを選択する。

上から3番目のツールを左クリック長押しすることでマグネット選択ツールが現れるのでカーソルを合わせてクリックする。

カーソルが変化

するとマウスカーソルがこのように変化する。

これでマグネット選択が行えるようになったので加工したい部分を選択していく。

クリックして始点を決める

マグネット選択ツールは加工したい部分を切り抜くイメージで使う。

つまり今回の場合はこのハートマークを加工用に外枠をマウスカーソルを操作して囲んでいく。

まず囲い始める位置にカーソルを合わせ、左クリックする。

マグネット選択ツールで加工対象を囲っていく

そしてマウスを動かして対象物をなぞるように動かすとこのように線が引ける。

マグネット選択ツールはピクセルの色の違いを自動で識別してくれるので大雑把に形をなぞるだけで選択したい部分を判断してくれるのでかなり楽に範囲指定できるはずだ。

選択範囲を間違う時は手動でクリックして範囲指定する

外枠をなぞっていくだけで磁石のようにポイントを線でつないでいってくれるが

うまく選択できない時がある

時にはこのように外枠を判断できず、間違って線を引いてしまうことがある。

戻って手動でポイントを設定する

その場合は落ち着いてカーソルを戻し、線を引きなおす。

小刻みにマグネットポイントを作る

なお、マグネットポイントは自動で生成されるが、左クリックすることで手動で生成することも出来るのでうまくいかないときは小刻みにマグネットポイントを手動生成することで綺麗に囲うことが出来る。

囲い終わったら左クリックする

なるべくはみ出したらり、食い込んだりしないように綺麗に囲って始点まで戻ってきたらもう一度左クリックする。

範囲指定確定

すると範囲指定が確定し、画像から独立させることが出来る。

指定範囲に色相レイヤーを当てる

後は範囲選択がされている状態で上のメニューバーから

レイヤー→→新規調整レイヤー→→色相・彩度

と選択すれば範囲指定した部分だけ色相・彩度の編集を行うことが出来る。

もちろんここで色相・彩度ではなく、明るさ・コントラストを選択すれば指定範囲した部分だけ明るさ・コントラストが調整できる。

明るさ・コントラスト、色相・彩度の使い方はこちらを参考にしてほしい。

ハートマークの色相調整

これで規則性のない複雑な形も範囲指定できるようになった。

今回は比較的簡単な図形だったが同じ要領でもっと細かくやればどんな複雑な形も指定することが出来る。

ぜひ活用してほしい。

にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ

↑↑↑クリックして応援してください