まとめ記事

2019年10月~12月期の長期投資(積立NISAなど)におすすめの銘柄7選

会社四季報は長期投資(積立NISAなど)向きの銘柄を探すのに非常に優秀なツールである。

今回は9月19日発売の会社四季報第4集から私がピックアップした銘柄の中で特におすすめな銘柄7つを紹介したいと思う。

株で失敗してしまう要因はいくつかあるが概ね銘柄の選定失敗と買い時、売り時の間違いである。

いくら業績が良い銘柄でもべらぼうに高い時に買ってはなかなか利益は積みあがらないし、ただ安いからと暴落した株に飛びつけば、上場廃止になってしまったりする。

今回は好業績でありながら割安で放置されている銘柄、それも長期投資に向いている高配当利回りの銘柄をランキング形式で発表する。

各銘柄の詳細な分析については詳細ページを参照してもらいたい。

ランキング1位【8002】丸紅
成長こそ鈍化しつつあるがファンダメンタル・テクニカルの両面で割安、最低購入額が10万円を切る買いやすさ、そして配当利回りは5%越えとまさに長期投資するならこれ!と言わんばかりの銘柄である。
初心者から上級者まで持っておいて損はない。
私が自信を持っておすすめする銘柄である。
おすすめ度
成長性
割安性
買いやすさ
配当利回り

詳細ページ公式ページ

ランキング2位【2768】双日
1位と2位は商社が入った。
それだけ現在は商社が強い。
有名な伊藤忠商事は好調だが割高で推移しているので今回はランクインならず。
双日も成長は鈍化傾向にあるが業績に見合わない安さで株価は推移している。
配当利回りも5%越えで放置しておくにも持って来いの銘柄だ。
最低購入額は丸紅よりさらに安いので少額でやりたい人はこちらのほうがおすすめ。
おすすめ度
成長性
割安性
買いやすさ
配当利回り

詳細ページ公式ページ

ランキング3位【8591】オリックス
野球の球団が有名だが親会社は保険にカード、リースに不動産など幅広い。
大企業らしからぬ安定した増益、増益で手堅い銘柄だ。
3位にしているが差は買いやすさだけ。1位でもおかしくない優秀な銘柄である。
おすすめ度
成長性
割安性
買いやすさ
配当利回り

詳細ページ公式ページ

ランキング4位【4523】エーザイ
割安性と成長性は文句のつけようがない。
配当利回りが3%と紹介銘柄の中では低いことと,
最低購入額が50万越えというところに注意が必要。
また医薬品開発は投資家の一喜一憂に合わせて株価も乱高下しがちなので心臓に悪い。
あまりハラハラしたくないという人はやめておこう。
おすすめ度
成長性
割安性
買いやすさ
配当利回り

詳細ページ公式ページ

ランキング5位【9810】日鉄物産
成長性は少し物足りないが圧倒的な割安さと圧倒的な配当利回りでランクイン。
毎年収穫する果実のように配当金を受け取りながらゆっくり長く付き合っていこう。
積立NISAのように淡々と買い増ししていくには最も適した銘柄かもしれない。
おすすめ度
成長性
割安性
買いやすさ
配当利回り

詳細ページ公式ページ

ランキング6位【2124】JACR
PERとテクニカルで見る株価では割安性は問題ない。
だがPBRで見ると5.69倍と高め。
成長スピードがゆっくり過ぎるのが難点。
利回りは4%越えで長期で持つには十分要点を満たしている銘柄。
おすすめ度
成長性
割安性
買いやすさ
配当利回り

詳細ページ公式ページ

ランキング7位【3465】ケイアイスター不動産
堅調な増益は続いているが成長速度は遅い。
不動産業は軒並み安値で放置されていたが東京オリンピックが近付いたきた影響か最近値上がりが見られる。
ケイアイスター不動産は北関東が地盤なので出遅れているのかもしれない。
いずれにせよ業績の割にはかなり安い。
おすすめ度
成長性
割安性
買いやすさ
配当利回り

詳細ページ公式ページ

以上が10月~12月の長期投資におすすめな銘柄である。

全上場企業、3744社から私が投資しても良いと思える企業を24銘柄までピックアップし、その中でも割安で放置されている銘柄7つを厳選してみた。

したがって一応ランキングを付けているが1位~7位まで自信を持ってお勧めできる銘柄だ。

気になる銘柄があればぜひ詳細ページから詳しい分析を参考にしてみてほしい。