日記

眠気を飛ばすのには散歩が効果的だった

一昨日、一睡も出来ず朝を迎えた私だがそのまま昼に寝てしまうと昼夜逆転してしまう。

それは非常によろしくないのでなんとか眠気を我慢して生活をしていたわけだが、まったく仕事が手につかない。とにかく眠く、集中できないのだ。

たった一夜の徹夜でこのざまである。私の体はとことん寝不足には弱く出来ているらしい。

にっちもさっちもいかないので10時半ころに仕事の手を止め、少し寝ることにした。

がっつり寝てしまうとまた夜眠れなくなってしまうので1時間程度軽く寝て、夜まで我慢しようと思っていた。

意識を取り戻したのは14時であった。

無念である。

しかし白昼寝たせいで眠りが浅かったのか幸いにも?すっきりとした目覚めではなかった。

気だるさの中仕事を再開し、一日を過ごすことが出来た。

3時間半の昼寝とは言え、一日の睡眠時間としてはかなり短い。12時を回ると程よい眠気も来たので昨夜は早めに床に就いた。

普段は起きている時間の就寝であることと、想定以上のがっつりとした昼寝でちゃんと寝られるか心配ではあったがその憂いは15分程度で済んだ。

したがって昨夜は朝までぐっすり寝られたのだがリズムがずれているせいか一日を通してどうも眠い。

しかし寝るわけにはいかない。同じことの繰り返しだからだ。

だが眠いと仕事が手につかない。まことに残念な体である。しかしやっぱり寝るわけにはいかないので仕事以外の何かをしようということで散歩をしてみた。

そして散歩から帰ってきてこのブログを書いているわけだがどうやら散歩は私にとって非常に良い効果をもたらしたようだ。

体を動かしていると不思議と眠気も飛び、歩いているとなぜか考えがまとまる。

家に帰ったらまずブログを更新してそれからあれをやりこれをやり…最後に風呂に入って寝る。そんな頭の整理が机に向かっている時とは比べものにならないくらいスムーズに行えた。

まずはブログを書き終えた。あとは腹ごしらえをし、仕事を片付ければ一日が終わる。

今夜もぐっすり眠れそうだ。

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ
↑↑↑クリックして応援してください