日記

舞鶴温泉に行ってきた

本日は連休の最終日である。

自営業という特性上、カレンダー通り休めることは稀である。

昨今、働き方改革によって会社員は優遇されていると感じる。もちろん、人間を奴隷のように扱い、使い潰し、使えなくなったらぽいするようなブラック企業は言語道断だが、基本的に会社は生産性のない社員にも給料を払わなければならないし、首を斬るのも難しい。

一方、自営業者は怠けたら怠けた分収入が減るし、能力的に頑張っても収入が増えない人もいる。

我々の給料と生活は誰も保証してくれないので過労働だろうがなんだろうが家族の生活費を稼ぐまでは働き続けなければいけないのである。

だめな自営業者の生活も保障、ないし金を払ってくれる会社を斡旋する法律を作ってもらえないものだろうか…

さて、盛大に話がそれたがそんなこんなで自営業者は大変だ。

私の親戚はほぼ自営業なので休みが合うことは滅多にない。

本日休みだった私は、惰眠を貪っていると従姉弟の家から今日はうちも休みなので温泉にでも行かないかという連絡がきた。

二つ返事でOKした。

若い頃、温泉などと言うのはでっかい風呂ぐらいにしか思っていなかったが、最近は魅力を感じることが多い。私も歳を取ったということか…

各々の都合で同時に出発することが出来なかったのでそれぞれの家族の車で行くことにした。

場所は舞鶴温泉という所らしい。

叔父が「まえずる」「まえずる」というものだからそれで検索したのだが一向に出てこない。

よくよく聞いてみると「まえずる」ではなく「まいづる」ということらしい。

口頭での言葉を文章にする場合、訛りというものは実に厄介である。

そんなこんなで舞鶴温泉にやってきた。

岩手県前沢舞鶴温泉 舞鶴温泉の周り

舞鶴温泉は田んぼの真ん中に聳え立った丘の上にある。近くには工場もあり、景色はいまいちだ。周りにある山々も死火山ばかりでいったいどこから温泉が湧くのかと疑問に思う。

しかしここら一帯は一応温泉郷ということで掘れば温泉が湧く。

今でもちょくちょく掘削作業が行われては新しい温泉がオープンしたりしている。

全国的には全然有名ではないので利用者の多くは地元住民ではあるのだが…。

舞鶴の湯の由来

泉質は無色透明で臭いもなく、ぬめりもない。かなり入りやすい温泉だった。

温泉と言うと卵が腐ったような独特の硫化水素の臭いだったり白や黄色に濁った湯、入るとピリピリと刺激があるなど、特徴が分かりやすいと人気が出やすい。

が、臭いがないから、濁っていないからと言って効果が薄い、ということにはならないらしい。

しかし一つ注意がある。

温泉にはいろいろな効能があるとされ、昨今は医学的にもそれが認められ温泉療法なるものが存在している。

よく目にするのはリウマチ、神経痛、不眠、がんなどだろうか。

だが何に効く~というものはよく目にするが実際にどれくらい浸かってどれくらい効くのかという具体的な言及をしているデータは少ない。

1ヶ月ほど前、番組名は忘れたがテレビで温泉の効能についての特集をやっていた。

それによれば別府で20年以上毎日温泉に入っている人はガンになる確率が15%ほど低いのだとか……

このデータが正しいとすればたった1日入ったところで効能は期待できない。

つまり、正攻法の西洋医学で治療しているにも関わらずまったく改善が見られない、医者に見放されたなどという特殊な事情がない限り、効能を期待して温泉に浸かるのは非効率的であるということである。

肩や膝の痛みを取りたいのであればまずは整形外科を受診するべきであるし、普通に体調が悪いのであれば内科、眠れないのであれば心療内科、疲れが取れないのであれば普通に休養すべきである。

よく、温泉で一年湯治したら末期がんが治ったなどという話が紹介される。それは嘘ではないし、事実であるのであろうが、確実にガンに効果があり、汎用性もあるのであればとうの昔に論文で発表され、がんの正式な治療法になっているはずである。

そうなっていないということが治った人が特例であるということを証明している。

残念ながらガンに一番効果的なものは抗がん剤なのである。

しかしだからといって温泉を否定しているのではない。

温泉は飽くまで心の療養だ。そしてこれに関しては非常に効果がある。

それが何によってもたらされるのかは私はわからない。

だが温泉に浸かると気分が落ち着くし、浸かった後は幸せな気分で満たされる。

ストレスの除去に効果があるのは明らかだし、このような幸福感は医学的な薬では得ることが出来ない。

ガンには笑うことが効果的だという話もあるし、もしかしたら温泉に毎日浸かる幸福感でガンを治したのかもしれない。

温泉で心が健康になる効果は確かにある。

身体には効果があるがどの程度効果があるのか正確にはわからない。

体の健康は医者に任せよう。

www.city.oshu.iwate.jp

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 30代オヤジへ
↑↑↑クリックして応援してください