カメラ

使い方がよくわからないホワイトバランス

ホワイトバランスとは”白いものを白く写すための機能”だ。

というのも理屈は分からないがカメラというものは白いものを白いと認識するのが難しいらしい。

例えば蛍光灯の色にも「電球色」「昼白色」「昼光色」といった種類があるように微妙に色がある。

電球色は少し黄色がかった色をしているのでこの蛍光灯を使用した部屋で白いお皿などを撮影すると思いのほか黄色い皿に写ってしまうことがあるそうだ。

このようなことを防止するため、白いものがちゃんと白く写すよう調節するのがホワイトバランスだ。

何もいじらなければこれは自動設定になっている。

私もカメラの勉強を始めるまでその存在すら知らなかった。

ホワイトバランスを電球に設定して撮影した白いお皿
ホワイトバランス電球

こちらはホワイトバランスを”電球”に設定して撮影した写真である。

本来は真っ白な皿なのだが青い皿のように見える。

恐らく、電球色は黄色みがかっているので「何か黄色っぽく写るな…」と感じた時にこの設定にすればこの青と黄色が混ざり良い感じの白に写るのではないかと推察される。

ホワイトバランスをオートに設定して撮影した白いお皿
ホワイトバランスオート

こちらはホワイトバランスをオートにして撮影した写真だ。しっくりくる。

特別な違和感がなければホワイトバランスはいじらなくてよさそうだ。

因みに、本来このホワイトバランスは白いものが白く写っていない場合に色を足して白くする機能だが、それを逆手にとって実際にはない幻想的な雰囲気を作るために使われたりするようだ。

*1

こちらはホワイトバランスを電球モードにして撮影された”夕日”の写真である。

先ほどの皿の写真同様、電球モードにすると青が足されるので本来ではありえない青空の夕日が映し出されている。

ありふれた日常を一瞬にして幻想的な美しい写真に仕上げている。

現実を写すのが写真ではあるがアート写真としてこのような撮影法もありなのだろう。

というかむしろホワイトバランスはこのような使われ方のほうが多いようだ。

芸術センスのない私は大人しく”オート”の設定で行こうと思う。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村